tuneful.jp

HOME >

« 十五夜 髪を触り愚痴られる職業 »

2013-09-20 (Fri)

疲れたならついておいで

終業時間になり、「さて飲み会だ!」とウキウキしながら会社で時間調整をしていると、フロアの向こうのほうで20代の若者が3人、何やら談笑していました。
若い人たちの会話をオッサンが割って入るのは無粋だとわかってはいたのですが、飲み会の時間まで暇だったので、つい「何か悪いことでも話してるだろ?」と言ってジャマをしてしまいました。自分が若い頃に、オッサンにこんなこと言われて会話をジャマされたら、絶対に「は?」って顔をしてシカトすると思うのですが、3人には何とか会話に入れてもらえました。ホッ。

すると、ゆとり女子T.Rちゃんが「なんか私、疲れました」と唐突に僕に訴えました。
言葉どおり受け取れば「飲みに連れて行って欲しい」ということかと思うのですが、僕も飲み会があるし、「じゃあ、これから飲み会があるんだけど、一緒においで」と誘ってみました。一応彼女も知っているメンバーだったので。
本人的にはそういう展開を臨んでいたわけではなさそうだったけれど、とくにデートの予定もないようだし、半ば強引に僕らの飲み会に連れて行きましたよ。疲れてる時は酒!

メンバーは、酒豪I.K姐さんY.Mくん夫妻。渋谷の台湾料理「華園」。約1年ぶり
渋谷に勤務していた時の仲間と飲む時は、ここが我らの隠れ家。駅から少し離れているので、突然行っても入れることが多いことと、何よりも美味しい。入口がわかりづらいのが本当に隠れ家っぽくて、今日は僕も通り過ぎてしまったほど。

今日は仕事でちょっとビックリすることがあって、それもあまり嬉しくないサプライズだったので、誰かに不平をぶちまけたい気分だったのですが、姐さんにたっぷり聞いてもらい、だいぶスッキリしました。
強引に誘ったT.Rちゃんにも「楽しくて疲れが飛びました」とLINEが来たので、もちろん社交辞令だろうけども、良かったということにしましょう。

Post A Comment

« 十五夜 髪を触り愚痴られる職業 »

↑ Top
←Back