tuneful.jp

HOME >

« 八重の桜の季節 マップじゃわからぬこと »

2014-04-11 (Fri)

洗うほうを動かしてみる

ここ最近、よく夢を見ます。
と言うか、その夢をよく覚えているんです。
僕の夢には、滅多に職場の同僚は登場しないのだけれど、今朝方見た夢には、同じ課の男性がアパートの隣人として登場しましたよ。そのアパートには、各部屋に館内放送用のスピーカーがあって、その同僚が何か自分の近況を報告していました。
別に怖い夢とかじゃないのだけれど、目覚めはあまり良くなかったな。


たしか3週間前の「安住紳一郎の日曜天国」の中で、漫画家の蛭子能収氏の話として「モンゴル人力士は、取り組み前に顔を拭くときに、タオルを持った手を動かさずに顔を上下に動かす」という逸話を紹介していました。
その後、聴取者から「モンゴルは水が貴重なので、顔を洗うときに水が飛び散らぬように、水を溜めた手は動かさず、頭を上下させる」という情報が寄せられ、力士が顔を拭く際に、顔のほうを動かすのはごく自然のことだと解説がありました。

この話を聞いて、僕はずいぶん前に何かのテレビ番組で、アイドルグループ嵐の大野くんが同じようなことを言っていたのを思い出しました。
その時はたしか、歯を磨くのに顔を揺らすというのと、お尻を洗うのに手を固定してお尻を振って洗うって喋っていたいたように記憶しています。

そこで先日、シャワーを浴びているときに不意に思い出して、やってみたんですよ。
ボディソープを手に取り、腰を振り振りグラインド。
意外と・・・楽しい しかもちゃんと洗えてる。
まあ、やっているところは誰にも見せられないですけどね。

Post A Comment

« 八重の桜の季節 マップじゃわからぬこと »

↑ Top
←Back