tuneful.jp

HOME >

« 府中小旅行 Vol.1 カメラ売って買っちった »

2013-10-13 (Sun)

府中小旅行 Vol.2

昨日の続き。府中のラーメン屋に行くつもりだったのに、お店がやってなくて、急遽調布の深大寺に行くことにした僕。1時間に2本しかない“調43系統”のバスを待つことに――

やっと来たバスは通常よりも小さいミニバス。「深大寺に行く人なんてあまりいないのかなぁ」と思いながら席に着き、発車しました。
ところが、なぜかバスは調布駅を南に向かって走り始めたんです。深大寺は北側のはず・・・。そこでもう一度スマホを確認したら、なんと“43”ではなく“調34系統”じゃないですか!!!

picture

もうね、腹ペコすぎて思考能力が著しく低下し、咄嗟にバスを下りるという行動が取れなくて。そのままバスに揺られて終点まで行ってしまいましたよ。
「こんな細い道をバスが走るの?」と思うような住宅地を縫うように走り、到着したのは京王線で府中方面に2つ戻った飛田給駅北口。時刻は3:50pmを過ぎていました。

目指していた深大寺そばのお店は5:00pmで閉店してしまうので、さすがに諦めるしかなく、じゃあ何を食べようかと考えた結果、思い浮かんだのがつつじヶ丘の駅そば屋。
こないだ「安住紳一郎の日曜天国」のゲストに、駅そば研究家の鈴木弘毅さんという方が出てらして、おすすめの“駅そば”ということで紹介されたいたのを思い出したんです。
飛田給からは各駅停車で6つ目。つつじヶ丘なんて何の用もないので、わざわざ行くことはありませんからね。いつの行くの? 今でしょ。(by 林先生) やだ、恥ずかしい。

picture

時刻は4:20pm。染みましたね〜、おそば。美味かった〜
もちろん朝から何も食べてなかったってこともありますけれど、さすがは駅そば研究家ご推奨の逸品でした。店で粉から蕎麦を打ってるらしいですからね。そしてそのクオリティでありながら、なんともりそばが280円ですよ! 素晴らしい!

picture

それから下高井戸に戻ったのですが、どうしても府中のラーメン屋が心残りで、店に電話して5:00pmから営業していることを確認し、もう一度府中に向かいましたよ。2往復。もう俺、何やってんだか・・・。
残念だったのは、元々の看板は北海道ラーメンだったのですが、それを塗りつぶして中国小皿料理としてあったこと。僕が好きだったオロチョンラーメンはありましたが、ほかは中華料理なら何でもって感じの業態になっていて・・・。オロチョンの味も少し落ちていました。

というわけで、何とも冴えない府中への小旅行となったのでした。

Post A Comment

« 府中小旅行 Vol.1 カメラ売って買っちった »

↑ Top
←Back