tuneful.jp

HOME >

« 怒れるポイントが似ているから ジブリへの感嘆と苦言 »

2013-06-07 (Fri)

本当の孤独

もうかなり前のことなんですが、とあるブログに「本当の孤独」というタイトルの記事がありました。たしか「夜中に飲み物を取りに行き、何かの角に足の小指をぶつけ、持っていたコップをこぼさないように体勢を立て直そうとして一回転したら、飲み物はすでにこぼれていて、滑って顔面を打ち、鼻血を出した」というような中身でした。

内容にも大笑いだったのですが、結びに「こういうことをネットでしか伝えられないのが、本当の孤独だと思う」と書かれてあって、「ああ、孤独とはそうしたものか」と、僕は強く感銘を受けた覚えがあります。

今週は仕事が比較的ハードでクタクタだったので、一週間の終わりに思いっ切り体に悪いものでも食っちゃおうと、オリジン弁当で380円の唐揚げのお得パックを買ってきて、最近は滅多にしていなかった家飲みを敢行したんです。
いちばん大きな唐揚げを楽しみに取っておき、タルタルソースをたっぷりかけて、いざ食べようと箸で持ち上げました。ところが! しっかり掴めていなかったらしく、唐揚げは箸からこぼれ落ち、無情にも床にボトッ・・・・・。

こんな時、普通の精神状態だったら「3秒ルールだもんね」と言いながら、拾い上げて食べてしまうところなのですが、とにかくグッタリ疲れていたのと、何よりも唐揚げにつけたタルタルソースが落下とともに飛び散ったことで、「3秒ルール」なんて悠長なことを言っていられない悲惨な状況だったわけです。
僕は大袈裟じゃなく「ギャアアーー!!」と叫びましたからね。
半分やけくそになりながら、落ちた唐揚げをゴミ袋に叩き込み、タルタルをウェットティッシュで拭いて、「もういやだ」と独り言を吐きました。

これも「本当の孤独」と呼んで、差し支えないですよね。

Post A Comment

« 怒れるポイントが似ているから ジブリへの感嘆と苦言 »

↑ Top
←Back