tuneful.jp

HOME >

« 空振りの雪 元祖・肉食系 »

2013-02-07 (Thu)

ランチはなぜか少しだけ恥ずかしく

年明けに「大樽」のランチが500円から600円に跳ね上がり、まあ「跳ね上がり」という言葉が適切かどうかはわかりませんが、いずれにしても割安感がグンと減り、一時は週4で通っていたのに、近頃少し足が遠のいております。

元々昼飯に何を食べようか考えるのが億劫だし、冒険心もないので、いつも決まった店で決まったメニューを頼んでしまい、よっぽどのモチベーションがなければ新規開拓したりはしないのですが、ここしばらくは頑張って開拓しています。
とは言え、「ここ良さそうだな」なんてフラッと入ったりはできないので、同じ課の50代グルメ係長に良かったお店を聞いたりして。

picture

昨日は雪も降っていたし、なるべく近場で済ませたいと思い、会社のすぐ裏手にある「Crab House Eni」という、その名のとおり夜はカニ・エビを出すオシャレなシーフード・レストランに思い切って入ってみることにしました。係長お薦め。
僕の昼休みは1:00pmからなので、だいたいどこのお店も一段落ついて落ち着いて食べられるのが良いんですが、天気が悪かったせいですかね、一段落どころかお客が誰もいないの。
いくら何でも一人だと緊張しちゃって、サラダのドレッシングをブシューッとか飛ばして、恥ずかくてこぼしたことも言えず、食べ終わるまでずっとあたふたしていましたよ。

picture

今日は山手通り沿いにある「ギューギュー MASA」というステーキハウスに行きました。
ここは数週間前に自分で見つけて、気取らない感じが気に入って何度か通ったのですが、早くも従業員のおねえさんに覚えられたようで、「いつもどうも」と言われてしまいました。
なんだろう、この気恥ずかしさは。たしかに今日で4回目・・・だったかな?

picture

ほかに「麺屋 轟(とどろき)」というラーメン屋にも何度か通いました。
俗に言う“二郎系”のお店。野菜マシとか、脂がどうとかニンニクがどうとか、システムが難しいじゃないですか。だけど、ここは親切に説明してくれて、感じが良かったんですよね。
それと麺を小盛りにすると、デザートがついてきます。おそらく女性向けのサービスなんでしょうが、僕も小盛りで十分なので嬉しいですね。
まあ、大の男がプリンってのは、周囲の目がやっぱりちょっと恥ずかしいのですが。

Post A Comment

« 空振りの雪 元祖・肉食系 »

↑ Top
←Back