tuneful.jp

HOME >

« 走って踊って うちのサイトにスパムは意味ないですから »

2012-10-21 (Sun)

滑り台は子供の特権

妹がどうしても休日出勤をしたいと申し出たので、これを許可し、僕は甥っ子たちをこどもの国に連れて行くことにしました。

到着すると、まず向かったのは“キャトルズ”。もうここは鉄板のポイントで、下手をするとここ1箇所で帰ってしまうこともあるくらい、立体迷路がお好きなようです。

甥っ子たちが遊んでいるのを見てると、近くにデジタル一眼レフカメラを持ったオッサンたち30人くらいの集団がいました。そのレンズの先には、後ろ髪を持ち上げたり、着ているジャケットの肩を開いたり、ずっとポーズを取っている女性モデルさん。
「あれ? ここって秋葉原だったっけ?」と思わずにはいられないほどの異様な光景で、そのオッサンたちとすれ違う際に、首から下げているプレートを見たら「キヤノン大撮影会」と書かれていました。ああ、カメラヲタの集まりか。どうりで気持ち悪いわけだ。

picture picture picture

その後、甥っ子たちとボートに乗り、アイスを食べ、遊具広場で滑り台をやらせました。
幼児と大人(スピードが出過ぎるから)は滑ってはいけないという大変急勾配の滑り台。2年前に、本当はまだやらせてはいけない時にやらせたことがあって、二人に「覚えてる?」と聞いたら、覚えていないとのこと。結構記憶力の良い甥っ子たちなんですが、こんなにインパクトのある遊具が意外と覚えていないもんなんだなぁ。
なので、初めて遊ぶかのように夢中で滑っていましたよ。

滑り台って、大人になると自分の体重で、滑っていてお尻が痛いじゃないですか。下手すると簡単なことでケガもするし。子供だから心から楽しめる特権なんですよね。

Post A Comment

« 走って踊って うちのサイトにスパムは意味ないですから »

↑ Top
←Back