tuneful.jp

HOME >

« ホルモンうまし 祝っていただきました »

2012-09-01 (Sat)

夏の事件簿

午前中は二日酔いが酷く、雨も降っていたのでウダウダと過ごし、午後になってジョギングに出掛けました。
普段は家から駒沢公園まで走って行くのですが、まだあまり調子も良くなかったので、今日は自転車で向かいました。時よりパラパラと小雨が舞う中、ジョギングコースを2周して自転車に戻ってみると――

自転車の鍵がない!

ウェストポーチやポケットをくまなく探し、諦めきれずにもう1周走って、それでも見つからない・・・。落とし物を受け付けているサービスセンターに行ってみるも届いておらず。
二日酔いでボーッとしていたので、もしかしたら鍵を挿しっ放しにしてしまい、誰かがいたずらして持って行っちゃったのかも。

困り果てて、でも自転車をそのまま置いて行って誰かに持ち去られても嫌だし、仕方なく鍵が掛かったまま後輪を持ち上げて、ヨロヨロと運び始めました。
すると駒沢公園の入口近くにサイクリングショップがあるじゃないですか。店員さんに事情を説明すると「自転車屋で鍵を壊したりすることは、盗難とかの恐れもあるからできないんです」と。そりゃそうだ。「警察にご相談なさったら」と言われ、携帯電話も持っていなかったので、ショップの前に自転車を置かせてもらって、いったん家に帰りました。

警察に電話をすると「警察でも鍵は壊せません。自分でやる分には大丈夫でしょう」とのこと。「怪しまれませんか?」と聞くと「身分証明書を持っていれば、何か聞かれても事情を言えば」と仰るので、とりあえずドライバーセットを持って、再びサイクリングショップに戻りました。

僕、実はドライバーくらいあれば簡単に壊せると思ってたんです。そんなわけないですよね。輪っかになった自転車の鍵は、何をどうしても外せるものではありません。
そこでまたサイクリングショップに相談すると「組み立てることはあっても、壊すことはしませんからね」と。 ・・・ごもっとも。
仕方なく、1.5kmの道程を後輪を持ち上げて歩き始めました。重いんだなぁ。

歩きながら、ふとあることがひらめきました。「この先にハーレーの店がある。そこに金属カッターがあるんじゃないだろうか」
いつもは絶対に用事のないハーレーダビッドソンの店。ちょっと強面の、タトゥーとかしてそうなおにいさんが出て来ました。事情を説明して「金属を切る道具とかありませんか?」と聞くと「切るだけでいいんならできますよ」と言ってくれるじゃないですか!
ああ、地獄で仏とはこのこと!
電動の素人がやたらと触ってはいけない感じの金属カッターが登場し、おにいさんに「ここを押さえててもらえます?」と指示され、鍵の部品を押さえていたんですが、火の粉が飛び散るもんだから、めっちゃ腰が引けてしまって。片やおにいさんは鮮やかに機械を操っています。なんか僕、ものすごく格好悪かったなぁ。

picture

ものの2分くらいで、見事に切断してくれましたよ。
できることならおにいさんにハグしたいくらい嬉しかったのですが、まずは某かお支払いをと思い、財布を取り出そうとすると「あ、いいですよ」と。「でも、鍵の110番みたいなところに頼むと出張代だけで8,000円くらいは掛かるらしいので」と言うと、おにいさん、格好良かったなぁ。「困ってるときはお互い様ですから」だって。「その代わり、いつかバイクを買いに来てください。それでいいです」なんて、はにかみ笑いで言うんですよ。惚れるっつーの!

今の世の中、大抵のことはお金で解決できるし、今回だって鍵の110番で相当の金額を払えば、どうってことのない出来事だったのかも知れません。
でもだからこそ、こんなに人の親切が心に染みたことはありません。
僕、決めました。困った人に手を差し延べられる人間になろう。

Post A Comment

« ホルモンうまし 祝っていただきました »

↑ Top
←Back