tuneful.jp

HOME >

65 - 72 / 3052 Entries « ‹ Prev  5  6  7  8  9  10  11  12  13  Next › »

2014-02-11 (Tue)

今さらあまちゃん

祝日がハッピーマンデーになってからというもの、週の真ん中にポッコリと休みが入ることが少なくなりましたよね。
今日は建国記念の日っつーことで、ずいぶん久しぶりの飛び石休みじゃないですか?

日帰りで実家に行くのも慌ただしいし、完全なるフリーの一日。じゃあ何をするか。
ずっと懸案事項であったHDDに撮り溜めていた番組を見てしまおうということで、今さらながら「あまちゃん」を見ることにしましたよ。年末に放送されていた総集編で全12時間。

昨年流行っていたときは、大袈裟じゃなくワンシーンも見たことがなく、けれど「流行ってる」と聞かされた時にはもはや最初から見られる手立てがなかったので、僕の中では「けっ、流行りモンを追っかけるとかダサいし」と、半ばやっかみアイテムになっていたわけです。
でもどこかで知識として見ておきたいという気持ちもあったんですよね。総集編を録画し、けどさすがに12時間という時間は取れず、今日まで来てしまいました。

で、ほぼ一気に見ましたよ。
内気な少女が海女の世界と出会い、成長していく物語。でありながら、なぜかAKB48まがいの芸能界バックステージ的な展開もあり、終盤は東日本大震災が影を落とす。
エピソードてんこ盛りでありながら、上手に一つ一つを掘り下げてあるのが良かったですよね。ダイジェストしか見ていなくても、その辺りはわかりました。エピソードいっぱいなのにそれが上滑りだと、視聴者にはストレスなんですよ。「あの話は結局どうなったの?」みたいな。
また出演者が良かった。大勢いるので個々には書きませんが、まずは能年玲奈がいなければ成り立っていなかったでしょうからね。大拍手。
あとは「じぇじぇじぇ」というキーワードを生み出した宮藤官九郎の手腕ですよ。

12時間ぶっ続けで見たので、今は頭がジンジンしています。

  • Comment (0)

2014-02-10 (Mon)

笑ってもらえた時の幸福感

僕は自分では思っていなかったのですが、ずいぶん毒舌のようで、こないだなどは「話し方が誰かに似てると思ったら、わかったわ。坂上忍だ」と言われました。
以前には「話の組み立て方がマツコ・デラックスっぽい」と言われたこともあり、基本毒舌なんでしょうね。
だから近頃は何だか変に意識しちゃって、当たり障りのないコメントをすると「あれ? 俺らしくなかった?」なんて聞いちゃったりなんかして。

でもね、最近気がついたんです。
そうして皆が笑ってくれると、何だか嬉しいなって。

ここのところ、残業をしながら課の人たちとたわいもない会話をするのですが、そんな時、みんなも自分の話がウケると何とも言えない嬉しそうな表情をするんですよね。
つまり「誰かを笑わす」ということが、自分の幸福につながるってことに気づいたんです。

奇しくも先週の「ホンマでっか!?TV」でも同じようなことを話されていました。
日本人は“誰かに何かをしてあげる”という行為で自己肯定感が高まり、癒しを感じる。ひいては人を笑わせることで、ビジネスでは得られない幸福度を感じる、とのこと。

そうなんですよ。笑ってもらえた時の幸福感ですよ。
コメディアンを目指す人はだいたいこのためなんじゃないですか?

笑うのも大切。笑わせるのも大切。笑う門にはとにかく福が来るんですよ

  • Comment (0)

2014-02-09 (Sun)

45年ぶり

すん・ご・い・で・す・ね〜(by 所ジョージ)
東京の積雪27cm。45年ぶりですってよ。

余談ですけど、ニュースで「45年ぶり」って言い方をしていましたが、この「◯年ぶり」というのが毎回「前回はいつだったの?」と考えてしまうので、調べてみました。
NHKのサイトによると

「◯時間ぶり」「◯日ぶり」「◯か月ぶり」「◯年ぶり」などは、すべて満の数え方をします。

  1. 1998年に初優勝したあと、2001年に再び優勝した場合、「3年ぶり2回目の優勝」。満の数え方で、2001-1998で3年と計算します。
  2. ある事件が10日に発生して20日に解決した場合は、「事件は10日ぶりに解決」。(20-10=10日ぶり)
  3. 鉄道事故が17日に起きて20日に列車の運転が再開されたときは、「3日ぶりに運転再開(復旧)」。(20-17=3日ぶり)

だそうです。
わかりました? なので、45年ぶりとは2014-45=1969(昭和44)年。
高度成長期の頃ですよ。ちなみにわたくし1972年生まれなので、今まで生きてきた中でいちばんの積雪ってことです。たしかにこんな雪、東京では覚えがないかも。

昨夜は部屋の外で、時々ドサッという大きな音がするんですよ。屋根から雪の塊が落ちるんですね。それが結構な衝撃とともに轟くものだから、目が覚めちゃって。
でも今日は、昨日のうちに食料を買い込んでおいたおかげで、一瞬たりとも外出せずに引き籠もって生活することができました。外出なんて危ない、危ない。

  • Comment (0)

2014-02-08 (Sat)

滑り注意

天気予報どおり降りましたね、雪。大雪
先週はインフルエンザを罹患してしまい実家に帰れなかったので、今週こそは甥っ子たちの顔を見に行こうと意気込んでいたんですが、もう全然無理。

それでも一応、桜新町の駅までは行ったんですよ。
けれど電車は遅れているようだし、これで不通にでもなって車内に閉じ込められでもしたら最悪だし、気象庁も外出を控えるように呼びかけてるみたいだし、母上に電話をして「駅まで来たけど、やっぱり帰るわ」と連絡して、部屋まで引き返しました。

picture

途中、せっかく外に出たので食料を買い込んでおこうと思い、まずは手持ちがなかったので郵便局へ。歩道にはすでに雪がだいぶ積もっていたのですが、スニーカーだった僕は足下を取られて大変。だって年に一回あるかないかの雪の日のために、スノーブーツなんて買わないですからね。こういう時は何を履いたらいいんだか。

それでも何とかかんとか郵便局まで歩き、ドアの前に立った瞬間――
スコーーン。
picture入口のところがタイル張りだったせいで、積もった雪ごとズルッと持って行かれ、見事に滑りましたよ。
尻もちまではつきませんでしたが、バランスを取ろうと腕を振り回し、足をバタつかせ、操り人形が踊るような動きで、無様に左手を地面に着きました。しかも道の向かいには路線バスの停留所があり、雪でバスがなかなか来ないもんだから長い列になっていて大注目。恥ずかしい・・・。

雨の日の駅なども思うんですが、タイルなどの滑りやすい素材の床って、公共の場にはよろしくないですよ。僕、結構こういう経験がありますから。

  • Comment (0)

2014-02-07 (Fri)

女同士の微妙な話

残業をしていると、ゆとり女子T.Rちゃんが僕のフロアに来て、何やらペチャクチャと話をしている。これは飲みに誘って欲しいのかなと思い、「ちょっと行く?(指でおちょこ)」と声を掛けると、嬉しそうに「うん」と返事をして荷物を取りに行きました。

女性ばかり3人と飲みに行ったのですが、まるで女子会。そして女子会と言えば“恋話”か誰かの“悪口”でしょうよ。悪口って楽しいよね。アハハ

僕は、自分が好きな人のことを悪く言うことはほとんどありません。もちろん茶化したりすることはあるけれど、基本はその人にダメージになるようなことは言いません。
だから悪口を言うとなると、本っっ当に嫌いな人。
できることなら、飲み会で言った悪口を録音して直接本人に聞かせたいくらい。
当事者のいないところで悪口を言うなんて、人として感心できない行為だということは僕もわかってはいるけれど、面と向かって「あんたのそういうところが良くない」と言うのもイヤなほど嫌いなんだよね、僕が悪く言うヤツは。

それほど好き嫌いがハッキリしている僕なので、自分が良く思っている人が悪く言われると、軽くショックだったりもします。
普段はあまり人を悪く言わないT.Rちゃんが「わたし、実は△△さん(♀)が苦手で」と話し始めたんですよ。僕はその人にわりと良い印象を持っていたので戸惑ったのですが、何よりほかの二人の女性もそれに同調したのにはビックリしましたね。
おそらく彼女らが悪く言った△△さんの一面を、自分がよく知らなかったことにもショックだったんだと思います。
まあ、女同士ってのもいろいろあるんでしょうからね。男の僕にはわからなくても当然なんだろうけど。(←あ、昨日の話の続きじゃないですよ)

  • Comment (0)

2014-02-06 (Thu)

女同士の世界の話

昨夜、僕は下高井戸からS.Sくん夫妻と世田谷線に乗って帰って来たはず・・・。
その間の記憶が一切ないのはもちろん、会計したことすら覚えていない。僕、ちゃんとお金払ったのかな。財布からはお金は減っているけれど、一応コンパ的な集いだったようだし、割り勘とかにしちゃってないだろうな。
ま、そこはしっかり者のS.Sくんが仕切ってくれているだろうけど、今朝の彼からのメールでは「奥さんに(飲み過ぎて)みっともないと怒られた」とあったので、ちょっとだけ心配。

だってね、初対面の女性が「赤ワインをよく飲みます」と仰っるんだもの。僕もS.Sくんもお茶目T.Kさんも、普段はワインとかあまり飲まないんですけど、そう言われたら男性陣も赤ワインをお付き合いせざるを得ないじゃないですか? 僕なんか「盛り上げなきゃ」と使命感に燃えてるから、しらふではいられなくてガブガブ飲んじゃうわけですよ。
皆で同じ銘柄のボトルを何本か飲んでいたのですが、店のストックがなくなって、仕方がないからワンランク高いワインを勢いでさらに注文しましたからね。だったら味がわからなくなる前に良いワインを最初に頼めよ!って話。そりゃ記憶もなくなるよ・・・。

そんな飲み会で強烈に印象に残っているのが、ご新造Tさんたちの同僚の若い女性の話。
同性愛者なのだそうです。レズビアン
25歳で器量が良く、とにかく女好きなのだそうで、これまでに二人の女性が付き合っていた男性と別れたり(そのうち一人は婚約破棄)、職場でも「先週、飲み会で○○ちゃんとキスしちゃった」とかおおっぴらに話し、彼女に気がある女性の嫉妬心を煽ったりするんですって。

テレビなどでは男性の同性愛者はよく見るようになったけど、言われてみれば女同士ってのはフィーチャーされることがいっそう少ないので、何か新鮮なお話でした。(←印象に残った話はそれだけかい!)

  • Comment (0)

2014-02-05 (Wed)

後輩夫妻のセッティングなので

後輩S.Sくんのご新造Tさんとは、たしか8年くらいはお会いしていなかったはずなんですが、先日S.Sくんより「妻が飲み会を開きたいと申している」との突然連絡が入りました。

ご新造は医療機関に勤める看護師さん。同じ職場に介護福祉士さんで40代独身の女性がいるので、どこかに独身の男はいねーがー(by なまはげ)とのことで、白羽の矢が立ったのが、僕とお茶目T.Kさん
S.Sくんは僕がコンパとかそういうのが苦手だってことを承知しているので、決して「コンパ」という言葉は使わなかったけれど、これってつまりはそういうことだよね?
僕もそこまでバカじゃないので、趣旨は一応わかってはいたし、あまり気乗りもしなかったのだけど、ご新造Tさんのお誘いってのがネックですわ。

彼女とはS.Sくんが結婚した当初はわりと頻繁に会って飲んだりしていたんですが、看護師という職業柄、夜勤があったりで次第にお会いできなくなってしまい、久方ぶりにお会いできる機会となったら、そこはやはり行かざるを得ない状況でしょうよ。

集合場所は下高井戸。駅から歩いて2分も掛からない「一風」という小洒落たお店だったのですが、たったそれだけ歩くのに、とにかくクッソ寒くてビックリ。7:30pmに待ち合わせで、その時気温は2℃くらいだったらしいのですが、風もあって体感はもっと寒く、ちょっと挫けそうになるほど。初対面の人とお喋りするとか面倒臭いし、もう帰りたい。

でもね、お会いしてみたら飲みっぷりも豪快で気さくな方でした。ご新造Tさんとも久しぶりにお会いできたし、まあ参加して良かったかな、と。
ただ僕は例によって、人見知りの裏返しではしゃぎ過ぎてしまい(←つまりは飲み過ぎて)、終盤の記憶がないんですけど・・・。

  • Comment (0)

2014-02-04 (Tue)

豆まきより太巻き

本当は今日まで会社を休むよう医者からのお達しが出ていたのですが、仕事の人手がどうしても足りないということで、マスク絶対着用でやむなく出勤しました。
インフルエンザ職場第1号ということで、噂はたちまち広がったみたいで、ほかの課の人や大ボスからも「大丈夫?」などと声を掛けられましたよ。すごい遠巻きに。


さて昨日は節分。だからと言って、一人で豆まきをするわけもなく、歳の数だけ豆を食ったわけでもありませんが、恵方巻だけはいただきましたね。

関東の人間なので、恵方巻の作法とかよく知らないし、何なら普段は太巻きとかあまり好物ではないのですが、何しろ売ってるんだもん。スーパーやコンビニでめっちゃ売ってるよね。
しかも美味しそうなんだ、これが。
玉子焼き、キュウリ、かんぴょう、でんぶ etc... みたいな太巻きなら見向きもしないのだけれど、海鮮巻きだとか、トンカツ巻きだとか、そりゃ買うよね。

ちなみに今年2014年の恵方は東北東だそうです。
南南東(2013) 北北西(2012) 南南東(2011) 西南西(2010) 東北東(2009)
南南東(2008) 北北西(2007) 南南東(2006) 西南西(2005) 東北東(2004)
こういうサイクルなんですって。だから来年2015年は西南西。

そして今日は立春。雪が舞い、昨日までの麗らかな陽気が嘘みたいに、一日中暗くて超絶寒かったですが、これから少しずつ春に向かって行くんですね。

  • Comment (0)

65 - 72 / 3052 Entries « ‹ Prev  5  6  7  8  9  10  11  12  13  Next › »

↑ Top