tuneful.jp

HOME > ARCHIVE > August 2013

1 - 8 / 31 Entries 1  2  3  4  Next › »

2013-08-01 (Thu)

アイドルの卵

仕事帰りに、新宿に寄り道。
たしか8:30pm頃だったかなぁ。タワーレコードの10階でCDを見たりした後、エレベーターで下っていたら、7階でドアが開いて、若い女の子たちがドワーッて乗ってきました。
全員お揃いの色違いで、少し安っぽく見える派手な服を着ています。
エレベーターの外では「早く乗っちゃって」と、何やら緊迫した様子で、中年男性が女の子たちを促しているのだけれど、乗ってきた女の子たちは、のほほんと言うか古風な表現で言うと“キャピキャピ”していて、しかも多少興奮気味。
最後に、小太りのオッサンが乗ってきてドアを閉めました。

再びエレベーターが動き始めると、女の子たちが声を揃えて「お疲れ様でした。私たち(中略)渋谷◯◯です!」みたいなことを宣い始めたんです。すると最後に乗ってきたオッサンが「さっきもそれくらい揃っていたら良かったのにな」と、何やらダメ出しをしています。

こ、これは・・・アイドル・グループ!?
おそらく全員が10代であろうその女の子たちは、AKB48やももいろクローバーZ辺りを目指して、これから売り出そうとしているアイドルの卵たち。

アイドルを目指している可愛い女の子たちに、この狭いエレベーターの中で一緒になるなんて、そうそうあることじゃないですよ。なんか僕、舞い上がっちゃってね。
でも、舞い上がっていることを顔に出して、気持ち悪がられてはいけないと思い、ニマーッとするのを必死で堪えていましたよ。

帰りの電車の中で調べたら、その時間にJK21、シブヤDOMINION、パワースポットという3組のアイドル・グループのミニライブイベントがあったようで、僕が乗り合わせたのは、あの台詞の練習からして、シブヤDOMINIONじゃないかと思います。

  • Comment (0)

2013-08-02 (Fri)

酔って弱音吐く

先々月から月に一度、業務終了後の5:30pmから課内会議が持たれ、会議が終わった後に、課の親睦を深めるための飲み会があります。
今日はその親睦会に、7月に交替のあった新しい大ボスをお招きしました。
飲みニケーションっつーんですか? まあ、とりあえず新大ボスがどんな人物か探らなければ、今後の仕事のやり方も違ってきますからね。一応社会人なので、長いものには巻かれておこうというイヤらしいタイプの人間です。

・・・と思って臨んだ飲み会でしたが、普段は絶対に相手の出方を見てからコミュニケーションの取り方を決める僕が、誰よりも先に酔っ払ってしまい、何の弾みか、大ボスに向かって「バカ」って言ってしまったんですよね。
まあ、冗談の一環でしたから、大ボスも「そんなこと言われたら、帰りの電車で泣いちゃう」と切り返してくれましたが、家に帰ってから考えたら、自分でも「なんて大胆なことをしたんだろ」って、背中がヒヤッとしましたよ。冗談が通じる人で良かったな、と。

大ボスは一軒目で引き上げたので、残りの人たちで二軒目に。
僕は課の中でも孤立したポジションなので、業務中はほとんど自席で誰とも口を聞かずに仕事をしているのですが、今日は課の同僚たちの話をたくさん聞くことができました。(←と言っても、だいぶ覚えていないんですけど) そこで僕も、いろいろと同僚に聞いてもらいましたよ。普段決して口にしない弱音なんかも吐いたりして。

いやいや、弱音なんて吐くのは恥ずかしいと思うのが昭和の男ですけど、聞いてもらうとすごく楽になるもんですね。
「自分の弱いところを誰かに知っていてもらえる」って、必要なことだと思いますよ。

  • Comment (0)

2013-08-03 (Sat)

ホラー映画で涼しくなるとか?

当サイトのわたくしの簡単な自己紹介欄の“嫌いなもの”という項目でも、いちばん最初に挙げているくらい嫌いなのがホラー映画でございます。

ですからホラー映画を見る心理って、僕にはまるっきり理解できないんですけど、そもそも人には“怖いもの見たさ”という潜在的な欲求というのがあるんだとは思います。
動物が最も恐怖・不安を感じるのは、己が知らないものに遭遇した時。目の前にあるものや出来事が、それまで体験したことがないってことが恐怖・不安の根源なのです。だから、「怖い」と感じるものがあった時に、恐怖をなくすためにそれを確認するという行為をしますよね?

つまり、ホラー映画というのは未知という恐怖・不安を疑似体験するとともに、しかも映像なので絶対に自分に危険が及ばないという保証のもとに、“怖いもの見たさ”という欲求を満たすことができるツールである、ということが言えると思います。

では、なぜそれがエンターテインメントになり得るのか?
“恐怖”と“快感”とが脳の近い部分で処理されているという話もありますし、ローラーコースターと同じで、終わった後の解放感や興奮物質の分泌が、楽しいと思わせるのかも知れません。

ずいぶん前に、女優の鈴木京香がホラー映画が好きな理由として「たとえば大勢で観るとして、ドラマや恋愛ものは個人の主観で感想がバラバラだが、ホラー映画は“共通のもの”として共有できる」というようなことを話していて、妙に納得した覚えがあります。

暑いですからね、涼を求めてホラー映画もよろしいんじゃないでしょうか?
でもまあ、僕は観ません、絶対に。怖いものを見て楽しいって意味わからん。

  • Comment (0)

2013-08-04 (Sun)

クラゲ覚悟で

本日は年に一度の恒例行事、海水浴。4年連続で逗子海岸へ。
7月のはじめに結構暑い日が続いたので、海の日(7月15日)に行こうという案もあったのだけれど、甥っ子たちはまだ1学期の最中。海に行くのなら、夏休みの思い出として欲しいという親のエゴで、夏休みが始まってから都合の良い日となると、今日だったわけです。

一応行く前に、昨年の復習をしておこうと我が日記を見たら、7月末にはすでにクラゲがいたという旨が書いてあって、8月に入ったら余計にクラゲがウヨウヨしてるんじゃないかと心配していたのですが、予想的中。
僕自身は、今年は海に入らなかったのですが、父上曰く「ちょうど立てるくらいのところで、チクチクと刺される」ということで、浮き輪を持って沖のほうへ行きたいところなんですが、結局波打ち際でパチャパチャやっているだけでした。

picture picture picture

昨年は、2時間ちょっとで帰ってきたと書いてあったので、今年もせめてそれくらいは海にいたいなぁと思ったのですが、1時間も過ぎると波打ち際でパチャパチャはさすがに飽きるので、早々に引き上げようか考えて始めました。
けれど、甥っ子たちはそこからエンジンが掛かったようで、波にダイブしたり、海草を拾ったりして楽しんでいます。
待っている身としては暑いので早く帰りたいのですが、まあパラソルの下にいれば風があるので、我慢できなくもなかったですし、何だかんだで今年も2時間ちょっとはいたでしょうか。
でもたったそれだけで、両腕と膝下が焼け焦げて、数日はヒリヒリと痛みそうな予感。

ところで、逗子の海はタトゥーをしている人の率が高いように思ったのですが、普段は服に隠れて見えないだけで、結構な数の人が入れ墨を入れているのでしょうか?

  • Comment (0)

2013-08-05 (Mon)

痺れる辛さは苦手

あー、暑い。こう暑いと食欲もいまいち。
いや、食べる量が減るわけじゃないんですけど、食べる物が限られてくると言うか、何を食べようか考えると「野菜炒め定食じゃないな」とか「つけ麺、違うな」とか、食べたい物になかなかこれというのにヒットしないのですよ。
こんな時、鉄板はやはり“辛い物”。

で、“辛い物”で即座に浮かんだのが麻婆豆腐
先週金曜日の飲み会で出てきた麻婆豆腐がとびきり美味しくて、またどうしても食べたくなってしまったんですよね。
けれどその店に行くには、昼休みだけでは少し時間が足りない。仕方なく、看板に麻婆豆腐やら担々麺が美味しそうに写っていた別の本格四川風中華屋に入ることにしました。

picture

店内は、僕と同じような理由なのか、“辛い物”を求めてお客さんはわりといっぱい。当然僕も、いちばんの売りであろう麻婆豆腐定食を頼みました。

程なくして注文の品が出てきたのですが、想像していたよりも色がややどす黒い。そして一口。
ひえぇぇーーー、辛い。
辛いと言うより痛い。と言うか舌が痺れる。
中国山椒ですか? あれがアホほど入っていて、ウマくも何ともない・・・。ご飯を頬張っても何しても痺れるばかりで、半分も食べられずに断念しましたよ。

先週の金曜日にいただいた麻婆豆腐も山椒の香りはしたけれど、それは良いアクセント程度で大変美味しかったのですが、今日のは罰ゲーム級。なんで金を払って苦しい思いをしているのか、なんであれを売り物にしているのか、意味がわかりません。
本格四川風”って何ですか? 四川省の方は、本当にあんな舌が痺れるだけの料理を食べるんですか? もしそうなら美味しいと思ってるんですか?
もともと得意じゃなかった花椒が、これでますます苦手になってしまいましたよ。

  • Comment (0)

2013-08-06 (Tue)

やり過ぎに感じること

picture

天気予報で、帰宅の時間に雨が降ると言っていたので、自転車通勤を諦めたのですが、朝も夕方もちょうどその時間は降っていなくて、結果的には「自転車で行けたじゃん!」と少々腹を立てるも、まあ「降られるかも知れない」と始終ソワソワしているのは精神衛生上良くないので、天気予報を鵜呑みにするのもやむなしといったところでしょうか。

そんなわけで、行きはバス、帰りは電車で通勤したのですが、それらバス・電車について最近気になること。

まずは僕が利用している東急バス。路線バスが右左折する際に、安全確認のために一旦停止をしますが、それがいつの頃からか、ものすごく徹底されたんですよ。
初めてその様子を見た時は、一旦停止と言うより交差点内で何かトラブルが起こって止まったという感じでしたね。完全にピタッと止まるんですよ。
おそらくバスがらみの事故では、右左折時の歩行者などの巻き込み事故がとても多いんでしょうね。なので、会社としてきっちりとマニュアル化したんだと思います。
その意識は素晴らしいと思うのですが、せっかちな僕には少々やり過ぎに思えてしようがないのですよ。朝、バス停で待っていると「どんだけのんびり曲がるんだよ」とツッコみたくなるほど、恐る恐るバスが曲がっている様子が、ちょっとその・・・・・ね。
わかってるんですよ、安全に“やり過ぎ”はないってこと。わかってはいるんです。

それと、電車も東急電鉄なんですけどね。
東横線と副都心線が相互運転を開始しておよそ5ヶ月。渋谷駅の利用客が増加し、行き交う人の混乱を避けるために、連絡階段やエスカレーターに警備の人たちを配備しています。
僕が気になるのは、その警備の人たち。「左側通行をお願いします」などとアナウンスしているんですが、その言い方が時々「何様?」と思うほど横柄な時があるんですよね。
ちょこっと真ん中の線をはみ出しただけなのに、「左側通行で!」と怒り口調。
もちろん職務を全うしようとしてのことでしょうけど、別に罪を犯しているわけではないんだし、そんな言い方はないんじゃないの?
わかってるんですよ、利用客の安全のためだってこと。わかってはいるんです。

  • Comment (0)

2013-08-07 (Wed)

パエリアしかないでしょ

「美味しい料理の写真をFlickrにアップするのが最近楽しい」と書きましたが、近頃は内容がもっとバラエティに飛ぶと嬉しいなと思い、ネットなどで近くに良さそ気なところがないか探して、そんなに遠くなければ昼休みに出掛けて行ったりしています。

picture picture

でもって今日は、スペイン料理のお店を見つけ、食べに行ってきましたよ。
スペイン料理と言えばパエリア。て言うか、むしろパエリアしか知りませんよね。そして僕は、パエリアにはあまり良い印象がありませんでした。
たぶん、人生で“パエリア”と名の付く料理に幾度かは出会っているはずなんですけど、あまり心が弾まないのは、きっと本当に美味しいパエリアではなかったからなんでしょうね。
だから、写真のためとは言え、内心「パエリアかぁ・・・」くらいに思っていたのですが、今日のはね、さすがスペイン料理を謳っているお店だけあって、美味しかった!

食べていて思ったのは、チャーハンとかピラフもそうなんですが、お米メインの料理って食べ進めていくと、途中で飽きるみたいなんですよ。印象が良くなかったのは、そのせいもあるかなとは思ったんですけど、今日はガーリックマヨネーズを付けてくれて、パエリアを3分の2ほど食べてからそれを試したら、目先が変わってまた美味し! しかも僕、マヨラーだし。

ちなみに夜のメニューも見たのですが、スペイン料理はやっぱりあまりわかりませんでしたね。チョリソとガスパチョは知ってたかな。あと、アヒージョってのを辛うじて聞いたことがあったかなぁ。いや、気がするだけ。

  • Comment (0)

2013-08-08 (Thu)

ギャップは好きなバンドから

ずいぶん前からゆとり女子T.Rちゃんと飲みに行く約束をしていたのですが、体調不良だったりして予定が合わず、ようやく実現しました。
先月流れた時と同じく雑男K.Oくんも連れて。
何せ、うんと若い2人を伴って飲むわけですからね。僕も少しは男気を見せないとと思い、お店に貼ってあった「人気メニューTOP10」を見て、店員さんに「これの1位から5位までお願いします」とワイルドに頼んでみましたよ。
そしたら、お肉料理ばかりが並んでしまい、もう少し選ぶべきだったかな、と。

若いエネルギーを浴びながら感じたのは、二つのこと。
一つは、新人には新人なりの悩みがあるんだなぁということ。もう一つは当然のことながらジェネレーション・ギャップ。

僕と話す時は、いつも朗らかなT.Rちゃんですが、周りのとくに年配の女性たちから結構理不尽なことを言われたりするらしいのです。
「こんなことは言っちゃいけないとは思うんですけど」と、極力エクスキューズを入れてはいるけれど、相当その言われ様がキツいんだろうなぁ。僕がどうアドバイスしようと、あまり力にはなれそうにないので、とにかく聞いてあげることにしました。
雑男も、隣の女性とのコミュニケーションが上手く取れないみたいで、そのことは彼なりに噛み砕いているようでしたが、それにしても職場での人間関係の悩みなんて、社会人一年目で自分にはなかったなぁって思って。

後半は好きなバンドの話で若い二人が盛り上がっていたんですが、出てくるバンドの名前が全然わからないんですよ。
RADWIMPS、9mm Parabellum Bullet、THEE MICHELLE GUN ELEPHANT etc...
若い子たちと話しても、大抵は意思疎通が取れていると自負していたんですが、この話題に至っては、まっっっっったくわかりませんでした。だいたい上の3つ、どう読むのよ?

  • Comment (0)

1 - 8 / 31 Entries 1  2  3  4  Next › »

↑ Top
←Back